~歴史、文化、祭り~

スポット一覧など

rekisi

中世から山梨県の東部地域(郡内地域)の中心地として栄えた都留市には、城下町の歴史や文化が色濃く残されています。
特に、9月1日の八朔祭では、江戸時代から受け継がれる大名行列の巡行や八朔屋台の曳行等、壮大な歴史絵巻が繰り広げられます。


 ・ミュージアム都留  ⇒ 都留の歴史や八朔祭、お茶壺道中などの文化を学べる施設です。からくり紙芝居や映像など、楽しくご覧いただけます。
 ・八朔祭  ⇒ 生出神社の例祭で、都留市最大のお祭り。付け祭りで繰り出される大名行列や八朔屋台の曳行は圧巻です。
 ・お茶壺道中行列  ⇒ 江戸時代、徳川将軍家のお茶を京都の宇治から江戸まで運ぶお茶壺道中行列が都留をとおり、夏の間、都留(谷村)のお茶壺蔵でお茶を熟成させていたという史実を再現します。
 ・勝山城跡  ⇒  戦国時代から江戸時代にかかる山梨県東部地域(郡内地域)統治のための城の跡地です。春は桜の花見が楽しめる他、市内を見渡せる眺望も魅力です。
 ・谷村大堰 江戸時代より、谷村のまちのを支える用水です。農業用水として使用され、最近では小水力発電機が設置されています。
 ・松尾芭蕉  江戸時代、松尾芭蕉がこの都留に滞在していました。まちには、この都留で芭蕉が読んだ俳句の句碑が配置されています。
 ・谷村歴史散策  中世から城下町として栄え、松尾芭蕉も滞在した谷村のまちは、まちの至る所にマニアックな魅力が隠れています。
 ・都留七福神めぐり  戦国時代から江戸時代にかかる山梨県東部地域(郡内地域)統治のための城の跡地です。春は桜の花見が楽しめる他、市内を見渡せる眺望も魅力です。